投資に燃える20代男性サラリーマンの年収と貯金額とは?

福岡に住む20代男性です。結婚はしておらず、福岡で育ち1人暮らしをしています。

職業は製造業で、仕事内容としては車の部品製造を行っています。年収は450万円で、貯金額は40万円、その他に投資額として20万円を持っています。

高卒で就職したのですが、2回転職して今の仕事についています。今までずっとお金について悩んで来て、色々と本を読んだり投資について勉強したり今後の人生について深く考えています。

毎月定額の貯金方法で貯金額は40万円+投資信託20万円に!

現在の貯金額は40万円で、少し前までは60万近くありました。貯金額とは別に投資で20万円を投資信託に預けています。

投資資産も合計すると現在の貯金額は60万円です。

私は2年間でこれくらいでした。

貯金方法はこんな風にして見つけました。

ある時お金を貯めようと努力していましたが全然たまらず困っていたのですがある日お金の本を読みました。 それはバビロンの法則というタイトルの本です。

そこにはお金を増やすには原則があり知識を身につけ実践しないとお金は増えないことになっていると書かれてありました。

本の中には「自分の収入の一部をまず自分のものにする」と書かれてありました。

読んでいると、 自分の収入は実は全額他人のために使っていた事実を知りました。

それはローン支払いだったり服だったり、食べ物だったり、生活して行くものです。これらは全部商売であり、実際に稼いだお金は他人に渡り、自分の手元に一切残っていないことに気づかされました。

なのでまず収入ができたらまず、自分にのために別の口座に映し、増やすための投資や貯金に回していました。

例:月20万もらったら2万円を別の口座もしくは投資に入れる。

これを毎月コツコツと積み重ねてようやくここまで来ました。

つまり自分のためにまず支払うということを実践したわけです。

1ヶ月に一定のお金を貯め続けると、半年以降は何も気にならず普通に生活していました。

つまり月に20万円で生活していたのが月に18万円でも全然何も変わらず生活できていたということです。

これを知って貯金とは自分への支払いということを知り今もきっちり自分のために支払いを行なっています。

目先の物欲に惑わされず将来のために不動産や株の投資でお金を作りたい

自分の将来を考えて行くと、結婚だったり、子供のためのお金だったり車だったり家だったり老後だったりで正直1億以上はないと色々と不安です。

ですが、そんなお金すぐにでも稼げるわけではないので、今のお金の使い道は地道に貯金を増やしながら投資を勉強して投資でお金を増やしていき、将来は投資用の不動産を持ちたいなと思っています。

不動産を購入するのも多額のお金が必要で今は全然足りていないのですが、不動産を購入するぞという意気込みで今は貯金額や投資に使うお金を増やしています。

節約はなるべくするようにしているのですが逆にストレスがたまるといけないのでストレスを受けない程度に節約をしています。

いつか不動産を購入し、できるだけ資産や不労所得を増やし、老後のためや将来の子供のために残そうと思っています。

自分の親が自分に資産などを残してくれなかったので余計にそうしたい気持ちがあります。

車や自分の家や高いものを購入したい気持ちは時々湧いてくるのですが、結局そういうものを購入しても1、2年後には飽きちゃっている自分に気づいてそういうものを購入しないようにしています。

今現在、そして将来長い目で見て、不動産や株など長期にわたって資産を形成してくれるもの自分のために動いてくれるもののために今は貯金と投資を楽しんでいます。



管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新たな生き方を提案しています。

20代とお金の事情はこちらもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ