競馬等のギャンブルにはまる20代男性会社員の年収と貯金額とは?

私は今年で29歳(男性)になりますが、結婚はしておりません。

大阪在住で職業は総合リサイクルショップに勤務しております。仕事内容としましては、買取査定や商品陳列、接客といった感じです。

年収は350万円で、貯金額は50万円程度です。恥ずかしながら、ほとんどありません・・。

ちなみに私の得意分野はヴィンテージものの古着です。とりわけ70年代、80年代の皮革製品の知識に長けており、お店側からもこういった商品の査定は私が一任されています。

競馬にはまり月収のほとんどを使い切り貯金額は最低限の50万円!

前述したように貯金額は50万円程度です。とはいえ、努力して貯めた金額ではありません。

もしもの時、最低でもこれくらいは持っておかなければならないというだけの事です。

なので、毎月の給料はほぼほぼ全額消費しているような状況です。で、何にそんなに使っているのかと言いますと、恥ずかしながらギャンブルです。

20代の前半ごろに、友人に誘われて競馬に行くようになったところ、めちゃくちゃハマってしまったのです。

理由は簡単で、ビギナーズラックで初めてのレースに勝ってしまったからです。忘れもしません、あの時単勝で4番人気の馬(倍率15倍)に1万円投入した結果、見事勝利し、15万円もの配当金を手にしたのです。

あの時の興奮と言ったら・・。

とまあ、これがきっかけとなって競馬にハマってしまったのでした。あの頃は、こんなに簡単にお金が手に入るなんて、最高の貯金方法じゃないか、なんて思っている自分がいましたが・・。そんな幸運がいつまでも続くはずもなく、結局負けが込むようになり、気が付けば月に10万円以上費やすようになったのでした。

世の中には、競馬ソフトを使って莫大な配当金を手にしている人がいますが、ああいう人たちは、それこそ数千万単位で機械的・確率的にかけているのであり、だからこそ勝てているわけなんですねえ。

私のように10万円程度の軍資金で勝ち続けるのはそもそも無理な話なのです。

ギャンブルに変わる趣味を見つけて30代に向けて貯金体質に!

29歳という年齢には本当に焦りを感じています。

20代と30代との間には数値以上に大きな隔たりがあるように感じられますし、社会的な立場や責任も全く違うように見受けられるからです。

それなのに私ときたら・・。この年になってもまだギャンブルにドハマり中で、まともに貯金するような心構えが全くできておりません。

このままでは将来どうなる事かと、不安で仕方ない毎日です。なんというか休日など、暇な時間が出来るのが凄く怖いんですよね。

現状、そういった時間は競馬に行くことで上手く?使えていますが、それが無くなると一体全体何をやっていいのか分からなくなってしまうのです。

趣味と言えるようなものは全くありませんし、仲の良い友人も周りには一人もいません。要はお金の使い道が全くないのであり、私からギャンブルを取り上げられたら、残るモノは何もないんじゃないかと、これまた妙な不安に駆られるんですよね。

でも、このままではいけない事は薄々感づいております。

なので、きっぱりとギャンブルから足を洗い、毎月しっかりと貯金が出来るように、まずは何かやりがいが感じられるものを探そうと思います。

それが無いからこそ、悪循環から抜け出せないのであり、人間的にも成長できていない一番の要因だと思うからです。



管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新たな生き方を提案しています。

20代とお金の事情はこちらもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ