北海道に住む女子大学生がアルバイトで稼ぐ時給と貯金額とは?

北海道大学の女子大学生です。家族と札幌に住んでいます。

サークルはやめてしまったので、研究とアルバイトと、趣味の水泳をしながら日々のんびりと暮らしています

。家の近くの中華料理屋でアルバイトをしています。時給は810円です。その他に大学でチューターをしており、こちらは時給が1000円です。毎月約4万円稼いでいることになります。

貯金額は8万円です。学費や生活費については、奨学金を借りて賄っていますが、親が管理しているので内訳はよくわかりません。

旅行や脱毛サロンに出費がかさみ貯金額は10万円

貯金額は8万円です。多かった時でも12万円ほどです。私にとっての現在の貯金方法はお金を使わないことです。

私は、日常ではお金をあまり使う方ではなく、生活費以外では月に2万円ほどあれば充分といえるほどです。アルバイトの給料が月4万円ほどであるので、毎月2万円ほど貯まる計算になりますが、イベント的な消費をすることがあるため、現状ではあまり貯まっていません。

例えば、不定期に旅行に行ったり脱毛サロンに行ったりしてきました。現在ある8万円も夏休み中のリゾートバイトの給料の振り込みがあったばかりであるので入っているだけであり、来月計画している香港旅行で結構減ってしまうと思います。

このように貯金ができない理由については、まず貯金をする目的が明確でないからということと、そもそもの収入が少なすぎるということが挙げられると思います。

貯金をする目的があったとしても、アルバイトの時給の低さを考えると、将来就職した際に貯金をした方が効率的だと思っていることも貯金できない理由になると思います。

ちなみにクラウドワーキングをはじめとするフリーランスの仕事はまだ初めたばかりであるので、まだ収入につながるかわからない状態です。

近々の奨学金返済の不安はあるものの将来はお金について楽観的!

就職してからは、経済的に自立したいので、何か起こった時のための使い道の決まっていない貯金は増えていくと思います。

日本の年金制度はうまくいかなくなると思っているのでなおさらです。そのためにできれば収入が安定している職業に就きたいと現在考えています。

あまり消費をしないケチなので、お金は勝手に貯まっていくと思います。貯まらなかった時には、家賃を一番減らしていくと思います。

将来のお金の不安について思うのは、現在借りている奨学金をきちんと返せるかどうかということについてです。

親は私が返さなくてもいいと言ってくれてはいますが、間もなく定年で引退することになる親に負担をかけたくはないと思っています。

将来はそのためにも消費を今まで通りに抑えて生活していくと思います。

ただ、自分が生きていくだけのお金についての心配はあまりしていません。前項で書いたように私はあまりお金を使う方ではありません。

それに加えて困ったら日本では社会保障にしがみつく、また、困らない国や地域に移住すればいいと楽観的に考えています。こだわりがあまりなく、2度の海外留学経験がある私にはどこでも暮らしていけるというちょっとした自信があるからです。



管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新たな生き方を提案しています。

20代とお金の事情はこちらもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ