高校生からコンビニでアルバイトを続ける大学生の時給と貯金額とは?

私は男性の22歳の大学生の四年で、東京都の大田区に住んでいます。

アルバイトは家の近くのコンビニで働いていて時給は1000円で、貯金額はアルバイトで貯めた200万円ほどあります。

高校一年生からコンビニでアルバイトをしており7年目なので、時給もしっかり上がり最初は890円でしたが今ではバイトリーダーとして全体の指揮をとりながらバイトをしています。

アルバイトでは研修などにも積極的に参加していて意識は高くお金を稼いでいます。

高校時代からのアルバイトで大学生のうちに貯金額は200万円に!

貯金額は200万円ですが、殆どがアルバイトで貯めたお金です。高校一年生からアルバイトを同じコンビニで働いているので、人が足りなくなった時などにも積極的にバイトに入り、コツコツと貯めました。

アルバイトに積極的に入ってる事からシフトのリーダーから支持を受けて、時給もどんどん上がり、7年で110円時給が上がりました。

貯金方法としては、とりあえずアルバイトで稼いだお金をしっかりとATMに預けて財布にはあまりお金を入れておかない事を考えながら貯めました。

もともとあまり物欲がない方なので、比較的簡単に貯まりましたが、アルバイト代が手渡しだった事から使わないようにすぐATMに入れて貯金額を増やす喜びを感じました。

お金を使いそうな時は銀行のキャッシュカードを自宅に置いておいて、お金を下ろせない状況を自分で作ることによってお金を使わないで済む方法などを実践しました。

特に休みの日などは外に出ると無駄にお金を使ってしまうこともあるので、注意しながら貯金をしました。

1日に大体の使うお金を考えた月の初めに計画を立てる方法なども合わせて行って基本的に自分の中ではお金を使わないスタンスを取るように意識はしていました。

社会に出たときのために今できることはコツコツとお金を貯めること。

将来的にお金が必要になることはあると思うので、今のうちにお金を貯蓄しておくことで、いざという時にも余裕を持って何事にも望む事が出来ると思います。

使い道として考えられるのは、結婚や引越しなど自分にとっての自立などに必要だと考えます。

アルバイト先の先輩が結婚した時にも結婚式を開く事にもお金がかかると聞いて、加えて結婚式に参加する事も祝儀代などお金がかかる事が多いという事を聞いていざお金に困らないために貯金の使い道としては挙げられます。

結婚式の祝儀代でも何組か重なるとそれだけ出費が多くなる事も貯金をして入れば問題なく利用する事が出来ますし、将来的にどうなるか分かりませんが、貯金をしておくことは出来るので、日本がこれからどうなるかと言われると不安もありますが、今自分が出来ることはお金を蓄えておくという事だと感じています。

何よりも社会人になった時にお金がないようでは自分自身の選択肢の幅が狭まってしまうので、ゆとりのある生活をするために貯金は必要だと思いました。

最終的には夢のマイホームを購入するときの住宅ローンの頭金に出来れば良いというとても先の事まで考えて貯金をしています。結婚や引越しなど住宅の購入のための貯金と言えます。



管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新たな生き方を提案しています。

20代とお金の事情はこちらもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ