アパレル事務の新卒20代OLの年収と貯金額とは?

私は、兵庫県に住む22歳の女性です。結婚はしておらず、現在は父、母、弟の4人で実家で暮らしています。

仕事はアパレル会社に勤めており、職業は一般事務です。業務内容は電話応対や来客対応、書類作成など一通りのことをしています。

年収は250万円ほどで、新卒の事務職では平均的かやや高めかもしれません。貯金額は、まだ50万円くらいでまだまだこれからという感じです。

これは、社会人になってからの分と学生時代に貯めていた分の合計です。

新卒社会人1年目の大卒女性の貯金額は50万円

現在の貯金額は50万円ほどです。内訳としては、大学生時代に貯めた分が10万円と、社会人生活が始まり半年間で貯めた分が残りの40万円になります。

貯金方法は至ってシンプルで、お給料のうち何万円は貯金に回すというやり方をしています。

とは言っても、学生時代はほとんど出来なくて、きちんと貯金額は決めていませんでした。

お給料が入る度に使ってしまっていたので、結果として卒業までに10万円しか貯まらなかったのです。

これではいけないと思い、社会人になってからはいくつかルールを決めました。

まず、お給料日にその月に必要な分だけ銀行からお金を下ろし、あとは全て貯金に回します。

この日に下ろすと、それ以降は次のお給料日まではATMには行きません。

学生時代は頻繁にATMに行っていましたが、それを月に一回にするほうが効率よくお金が貯められることに気づきました。

必要な分を下ろし、その中でもまず親に渡す分や必要な支払いなどを真っ先に済ませ、残った分を自分用の娯楽代として使うという方法を徹底したのです。

時には足りなくなったりもしますが、極力は我慢し、欲しいものがあれば来月にします。逆に余った場合は翌月に繰越すことで上手く貯金ができるようになりました。

お金の使い道は食事と美容!将来の不安を消すために計画的な貯金を。

社会人になりきちんと貯金ができるようになってからは、貯金に楽しみを覚えたり計画性は増しましたが、毎月使うべきところにはお金をかけます。

基本的な使い道としては、友達や職場の人との食事代や、服やメイク用品など美容代が多いです。服やメイク用品は毎月絶対に買うわけではありませんが、平均して月に1万円ほどは使います。

それに加え、エステに通っておりその分が月2万円です。なので、娯楽代に毎月5万円ほどと、他に必要なお金が3〜4万円で、残りは貯金しています。

学生時代はまだ将来のことを考えて貯金などはしませんでしたが、今は将来に向けてきちんとお金のことを考えるようになりました。

やっぱり将来が不安なので、今のうちに蓄えは必要だなと思います。突発的に必要になるお金や、結婚や老後のことも心配です。

まだ若いうちは使いたいだけ使って、貯金は必要になってからでいいという意見もありますが、私はそうは思えません。

きつきつで生活するのも嫌ですし、常に余裕を持っていたいなと社会人になってからは考えるようになりました。大人でいつもお金がないと言っているのもかっこ悪いですし、お金の不安をかき消すためにも結婚や出産などのイベントごとを、難なく乗り越えられるようにしたいです。



管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新たな生き方を提案しています。

20代とお金の事情はこちらもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ